メリット

高い安全性

アクアフィリングはほとんどが水で構成されたゲルです。
合併症がほぼなく、形が変形したり壊れたり、体に吸収されてすぐになくなるということはありません。他の製品の注入時にある副作用もなく日常生活に支障ありません。
生理食塩水を加えることで分解されますので、元のサイズのバストに戻すことも可能です。

アクアフィリングは、欧州CEマーク許可を受けている薬剤ですので豊胸施術後の妊娠も問題ありません。授乳についてのリスクもなく、赤ちゃんに影響はありません。
※欧州CEマーク許可を受けるには、妊娠中の女性と授乳婦の安全性のために、ISO10993-3基準(Research of geno-toxicity、carcinogenenicity and toxic action on reproductive function)に合わせた厳格な試験をクリアすることが必要です。

フィラーによる副作用と危険性の比較

臨床研究で安全性が確認されています

アクアフィリングは、2004年から7年間の臨床研究を経て安全性が確認されています。
2004年Medikap病院で使用された豊胸施術は112件に及びました。
施術を受けた患者様は、18~55歳の女性患者様で施術後7年間研究調査が行われました。

アクアフィリング(AQUAfilling)・高い安全性の詳細

アクアフィリング(AQUAfilling)・フィラーによる副作用と危険性の比較

早い施術と日常復帰

早い施術

ヒアルロン酸注入による豊胸と同じ手軽さなので実際の施術時間は30~40分程度です。

日常復帰

アクアフィリング豊胸術は麻酔により痛みを感じないように施術します。
1時間以内で施術ができ、最小限度の麻酔深度ですので入院することなく、1時間程度お休みした後、そのままお帰りいただけますので日常生活にすぐに復帰が可能です。
施術後7日からは、日常生活に完璧に復帰できます。顔の部位の施術の場合はすぐに問題なく活動できます。
アクアフィリング(AQUAfilling)・早い日常復帰

長期持続効果

アクアフィリングは独特な結合構造のため体内で徐々に分解されるため、長期持続効果を提供します。個人差はありますが効果は3~5年間持続します。アクアフィリングの効果は施術時の強さ、ゲルの量、患者様の身体状況によって異なることがあります。
他のフィラーと比較しても4倍ほど持続期間が長く、頻繁に通院することもなく経済的にもやさしいです。

自然性

アクアフィリングは主に水分で作られたゲルです。水分は人体の3分の2を構成している物なので人命の大事な役割を担当しています。
構造のおかげで、アクアフィリング豊胸後はとても弾力があり柔らかです。さわり心地もよく、豊胸施術をしたとは思えない仕上がりです。

早い日常復帰

施術を受けてから7日後(短期術後期)、完璧に日常生活に戻ることができます。
アクアフィリングは乳房/臀部拡大術は麻酔と局所浸潤麻酔下で注入されるので事実上無痛です。

アクアフィリングの適応性

アクアフィリングは女性をより魅力的にし、自然の美しさとそれらを提供するための非侵襲的および非外科的な方法を提供し、軟組織の皮膚充填剤です。

PAGE TOP