安全性について

高い安全性

アクアフィリング(AQUAfilling®)は軟組織皮膚重鎮剤で、陽イオンコポリアミド(2%)と0.9%の生理的塩化ナトリウム溶液(98%)で作られていますので形が変形したり壊れたりせず、ゆっくりした分解により身体にすぐに吸収されることはなく合併症が殆どなく人体への安全性は証明されています。
万一注入後に取り出したくなった場合でも生理食塩水を加えることで分解されますので、他の術式と比較して容易に体外へ排出することが可能です。
アクアフィリング(AQUAfilling®)ゲルは乳房軟組織に挿入される外部物質ではなく、自然物質です。そのため、施術後拒否反応もなく、日常生活に支障がありません。

アクアフィリング(AQUAfilling®)とアクアミドは全く異なります

アクアフィリング(AQUAfilling)とアクアミドとの違い

挿入後の除去が難しかったアクアミドとアクアフィリング(AQUAfilling®)の違いは分子式の構造から明確に違います。
アクアフィリング(AQUAfilling®)の構成成分ポリアミド(Polyamide)は、水に溶ける性質の為除去が可能な反面、ポリアクリルアミド(Polyacrylamide)は、水に溶けないため除去が難しいです。よって、ポリアミド(Polyamide)は、生理食塩水の注入によって製品が溶解された後に除去が可能なメリットがあります。

アクアフィリング(AQUAfilling)・とアクアミドの分子構造の違い

PAGE TOP